2011年2月14日月曜日

ダーレン・アロノフスキー監督の映画2本立て

その①
普段、映画館で映画を見ることって少ないのですが(暗い所で静かにしていると、寝てしまうので…)、週末のイベントということで映画館に行ってみました。

彼がレビューを確認し、Black Swanにしたのですが…。
日本語は勿論、英語の字幕もないのでイマイチ充分に内容を理解出来てないことが一番の原因かもしれませんが…、個人的には微妙~な感じでした。

“全米で異例の超大ヒット記録を更新”との記述も見ましたが、劇場内は人もパラパラで、私たちの前に座っていた2人組は3分の1位見たところで帰っていきました。^^;

で私ですが、彼に『途中で悲鳴を上げたらごめんね』と伝えるくらい、ちょっと怖すぎてと言うか、ところどころ痛すぎてとても眠気は来ませんでした。

ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞を受賞したり、アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞、編集賞の計5部門にノミネートされているそうで、確かに、ナタリー・ポートマンのバレエは演技とは言えないくらい上手かったと思いますが…。

そもそも“白鳥の湖”って音楽は聞いたことあるけど、どんな話かは知りませんでした。
それを知ってるともう少し理解出来て違った感想だったかも?

その②
Black Swanを見る前に少し買い物ぶらぶらしてたのですが…。
たまたま、彼が買ったのが、同じダーレン・アロノフスキー監督の“レスラー”という映画のDVD。
お口直しということで、家に戻ってから早速見ました。

Black Swan同様、ちょっと痛いなぁと思う場面もあったのだけど、何しろ主人公の彼、レスラーですから…。
基本、ハッピーエンドが好きなので、私的には最後がちょっと…だけど、話の筋も分かり易かったし、ちょっといい映画でした。

因みに、彼が狙ってダーレン・アロノフスキー監督の映画を買ったのかどうかは定かではありません。
(私は全く知りませんでした。^^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿